Spectator vol.48 / パソコンとヒッピー

いつ読んでも、何度読んでも深まるばかり。 1999年に創刊した『スペクテーター』は、エディトリアル・デパートメントが年3回刊行するカルチャーマガジン。ひとつのテーマをじっくりとひも解いてくれる。

特集「パソコンとヒッピー」

■パソコンの発生とヒッピーの発想(1968-1984)
作画:関根美有 + 原作:赤田祐一


0章 「全地球」という世界観をもとめて
1章 コンピュータとヒッピーを結びつけた『ホール・アース・カタログ』
2章 ターニング・ポイントだったヴェトナム戦争
3章 LSDとコンピュータは同じツールだ
4章 サンフランシスコ・バークレーは学生運動とヒッピー文化発祥の地
5章 コンピュータはソ連とアメリカの冷戦で成長した
6章 「ハッカーは遅れてきたビート族、初期ヒッピーカルチャーと同じ人種だ」とスチュワート・ブランドは笑った
7章 「人民のためのコンピュータ」と言う思想が生み出された
8章 パソコンは人と人がつながるための有用な道具だ
9章 アルテアの衝撃。ミニ・コンがビートルズを唄った日
10章 ハイ・テク時代のトリックスターがハッカーだった
11章 もっと共生的に。人間とパソコンの関係
12章 われわれはスローなギークになれるか?(編集部による考察)
■コンピュータのABC 講師:桜井通開
■CHRONICLE OF TECH 1960’s ~ 80’s 絵:勝川克志
■THE OTHER SIDE OF COMPUTER & COUNTER CULTURE
取材・構成:赤田祐一(編集部)

#1 自然派ヒッピー? 電子派ジッピー? 真のカウンター・カルチャーを体現するのはどっちだ?!
講師:能勢伊勢雄

♯2犹慳罩瓩鉢爛灰鵐團紂璽伸瓩涼里蕕譴兇覺愀
講師:高野麻子

  • 発行:有限会社エディトリアル・デパートメント
  • 発売:2021年6月10日
  • 208ページ

QUANTITY

PRICE

¥1,100

instagram
LIKE THIS BROS